住宅災害補償再点検

住宅災害補償再点検の特徴

株式会社イッカツ

【火災保険一括見積もり依頼サイト

・住宅災害補償の再点検
・見積もり比較で家計を節約


一度の入力で、10社以上の保険会社の中から、最適な保険を選べます。

現在の火災保険の補償内容を把握せずに加入しているお客様が多数いらっしゃいます。

見直し・比較をすることで、同様の保険料で補償内容が充実したり 不要な補償を外すことで保険料を大幅に減らすことも可能です。

住宅災害補償再点検の詳細



自然災害補償の必要性

2001年以降の大規模自然災害を下表に示しましたが、毎年何処かで大規模な災害が発生しています。





自然災害補償について

火災保険はその名のとおり、火災を原因とする損害を補償する保険です。しかし、現在では、風水災などの自然災害や盗難などのほか、損害が発生した際に付随的に発生する費用についても保険金が支払われる、総合補償型の商品(いわゆる総合保険)が一般的になっています。

がしかし、地震や噴火・津波により住宅や家財の倒壊・流出は補償の範囲外です。

地震や噴火・津波に対する住宅・家財を補償するには地震保険に加入しなければなりません。

更に地震保険は火災保険の上限額の30%〜50%が限度となりますので、万一全損の場合でも再建は不可能になります。





自然災害に対する補償の見直し

各種マスメディアでも報道されていますように、首都直下地震や南海トラフ巨大地震による災害リスクはかなり高まっていることが想定できますし、さらには地球温暖化が原因で であろうとされる「ゲリラ豪雨」もいつ・どこで発生するかわかりません。住宅が流される映像やヘリの救助を求める人の姿の映像を見るたびに自然災害の脅威に恐怖を感じます 「備えあれば憂いなし」といわれます。
是非、今年の梅雨、豪雨、台風シーズンの前に対策をされるよう!ご提言いたします






住宅災害補償再点検のご案内



各社見積もり比較による経費削減

火災保険・地震保険は損害保険料率算出機構が示す保険料率を参考にしてほぼ同額でしたが、各社の企業競争力を高めるために独自の料率やサービスを付帯しています。